2012年 8月

陸前高田市を訪問しました。

瓦礫に雑草が茂っています。

DSCN1257 DSCN1253 DSCN1254

袖ヶ野漁港の岸壁の様子。

DSCN1260DSCN1263

アワビの種苗センター建設の準備が始まります。

アワビ種苗センターの用排水パイプ。

DSCN1262

 

補助事業で購入したワカメ・カキ両用船(1.5トン)です。

DSCN1265

カキ養殖の準備が始まっています。

カキの原盤調整や挟み込みの作業中です。

DSCN1269

カキの挟み込み機(名前は「ガリガリ」と呼ぶそうです)。

DSCN1267

大和田信哉さんから原盤調整作業の説明を受けている様子。

DSCN1270

DSCN1271

カキ養殖に使用する幹綱。

DSCN1272

仮設住宅の「モビリア」での陶芸教室。愛知県から陶芸の先生がボランティアで来ました。

こういう教室は仮設住宅に暮らす人々の大切な交流の機会でもあります。

DSCN1283 作品 祈る地蔵さんDSCN1276 DSCN1279 真剣に製作するご婦人たちDSCN1282明るい雰囲気

「モビリア」の仮設住宅群。

DSCN1295 DSCN1291 DSCN1292

希望者による菜園作りも始まったようです。

DSCN1285

広田湾のカキ養殖筏の風景。

DSCN1288

(鈴木)

 

長野県飯島町の田切農産を訪問しました。

田切農産は田切地区の全農家263戸が出資する担い手法人です。

代表の紫芝氏は地域の農業のみならず、地域の生活・社会の維持のための仕組みを模索しておられます。

DSCN1238

出荷作業中の紫芝氏。

DSCN1241

転作作物の白ネギ畑です。全体で4ha。1区画(約25a)ごとに、希望する農家に栽培管理者になってもらい栽培管理を委託しています。

DSCN1249 農産物の直売所も経営。DSCN1250その名は「Kitchen Garden」。

DSCN1245直売所のなかの様子。

DSCN1244

直売所は販売の場であるとともに、消費者との交流の場、情報を発信する拠点でもあります。

近隣のホテルに食材も提供しており、ホテル側からの「こんなものを作って」という声を受けて、栽培する作物の幅が広がっています。(鈴木)

 

 

石川県中能登森林組合に行ってきました。

DSCN1224

森林組合の事務所。

DSCN1225

入り口正面。

DSCN1227

明るい入り口ロビー。

DSCN1228

床の木材がピカピカです。

林道を作っているところです。林道は作業車が入れるように山の斜面に作られる道です。

 DSCN1215

ハーベスタで、枝払い作業中です。

DSCN1206

 玉切り作業中です。

DSCN1211

集材作業中です。

林道は3.5メートル幅。1日で8メートルぐらい作られます。 (鈴木)

 

 

 

石川県能登森林組合を訪問しました。

DSCN1164

能登森林組合の事務所です。

DSCN1162

能登森林組合の隣の原木市場。

DSCN1184

表通りにある輪島塗の店。

DSCN1193

表通りから細い路地を入ったところにある輪島塗の製造直売の店。

DSCN1195

店の内部。(鈴木)