JAおうみ富士を訪問しました

平成26年1月16日、17日にJAおうみ富士を訪問しました。

今回は、女性(部)の活動が農協運営や地域の活性化にどのような影響を及ぼしているか、実地に勉強するために伺いました。

まず経営管理委員会の川尻会長を交えて、女性の経営管理委員である前田さんと寺田さんにお話を伺いました。

お二方共に自分の意見をはっきりと話して下さり、頼もしい委員です。女性らしい視点から、たとえば、支店の改築の際には、お年寄りや子供連れの人でも使い易いトイレを提言したりしています。

川尻会長はJAの施設は事業の拠点であるとともに、協同活動の拠点でもある。これからは地域活動に関われる施設にしていく必要があり、女性部活動をサポートできる施設にしていかなければならないと、語っています。

IMG_0445

向かい側 左から川尻会長、寺田委員、前田委員

翌日(17日)は味噌づくりを体験しました。この手作り味噌づくりは各自、米と大豆を4キロずつ持参し、JAの施設で味噌を作るものです。

参加費は3,000円。約16キロの味噌が作れます。毎年約300名が参加します。

IMG_0487 お米を蒸しているところ

IMG_0464 蒸した米を広げて麹菌をまきます

IMG_0484 IMG_0478

お米はこのなかで4日間寝かせます

IMG_0482 IMG_0483

左:大豆を蒸しているところ 右:蒸すのも微妙な加減がカギ、細心の注意でこまめにチェックします

IMG_0471 IMG_0489

左:大豆を練り状にしているところ 右:大豆と寝かしておいた米を混ぜているところ

半年後に味噌が出来上がる予定。楽しみです。

午後は、親子ひろばのグループに集まっていただきました。

親子ひろばは3歳から6歳の子供を対象に、サトイモの収穫体験、昔の遊び、おはぎ作り、ミニ縁日、もちつき、料理教室、さつまいも植えなど、年間6回、親子連れで楽しめる活動です。毎回30名弱の子供が参加します。

この活動をサポートしている小島さん、青木さん、野崎さん、北さんなど6名の方は、平成23年に女性部の本部役員をしていた仲間です。

それまでは個人的なつながりはなかった6名ですが、役員をしているうちにお互いに気心が知れて大変良いチームワークだったとのこと。JAの女性部担当スタッフ(諸頭課長)から親子ひろばのサポートの依頼を受けたときも、二つ返事で引き受けたそうです。

「参加者も楽しそうだし、JAのスタッフもよく動いてくれるし、気持ちよくお手伝いをしています」とのこと。

話を伺って、関係者の連携がこの親子ひろばを支えていることがよく分かります。

JAおうみ富士の女性部活動のほんの一端を紹介させていただきました。(鈴木)

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

You must be logged in to post a comment.